【レビュー】YETI 缶クーラーはこれ一択 3つの特徴と注意点

 

缶クーラーで悩んだらコレで決まり!

Yeti Rambler Colster

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

キャンプ教授|キャンプギア紹介(@camp_kyouju)がシェアした投稿

 

YETI Ramlbler Colster基本情報

 

Yeti Rambler Colster

Yetiって性能はさることながら正直まず、見た目と所有感ですよね
こちらも重厚感があってサイコー

YETIとはRoy SeidersとRyan Seidersの二人の兄弟により2006年にスタートしたアメリカのブランドで、意外とまだ歴史は長くないんですよね。グリズリーベアが壊して開けることができない、という「ベアレジスタンス容器」として認証され、そのタフさと保冷性能で世界中のハンターやフィッシャーにも大人気のブランドです

 

サイズ H12.4cm×φ7.94cm
重量 240g
カラー展開 ブラック、ホワイト、シルバー、ネイビー、シーフォーム、ハイラインズオリーブ、ハーベストレッド、シャープテイルトープ
構造 真空断熱構造
食洗機 対応
対象の缶サイズ 12ozの缶やボトル(日本の350mlはジャストフィット)
¥5,480 (2024/02/22 15:49時点 | 楽天市場調べ)

欲しいと思ったらすぐ買える!楽天市場は24時間営業中

3つの特徴

 

至るところにYetiロゴ!

 

Yeti Rambler Colster

前も後ろも底も上も、とにかく至るところにYetiロゴ
う~ん、、よきっ‼
ちなみに模倣品だと底の向きがずれている、というパターンもあるらしいです

 

 

Yetiオリジナル缶が付属!

 

Yeti Rambler Colster

購入時にはダミー缶がセットされていて、なんとYETIオリジナル缶なんです
使い道は分からんけど、、こういうの嬉しいですよね
我が家は子供に取られて勉強机のペン立てになってます
ちなみに模倣品だとこれが付いてこなかった、とか、YETIオリジナル缶ではない、という噂もあります

 

 

キャンプ行くならこれ1個!

 

やっていいのか分からないけど、タンブラーとして朝コーヒー☕も飲めちゃうので荷物を減らしたいときはコップなしのこれ1個で行ってます

 

 

3つの注意点…

 

飲むときに蓋部分が当たる

 

Yeti Rambler Colster

缶クーラーとして飲むときに蓋に口が触れること、、
洗い物を極力減らしたい私は、これも毎回洗うのか、というのがあと一歩だな、と思います
でも、食洗機いけちゃうので家飲みでも大活躍しています

 

ちょっと重い

 

私は気にしていなかったのですが、240gという重さが気になる人もいるみたい
友達に貸したら「重っ!」て一度だけ言われました
その重厚感含めてYETIらしさということで・・・

 

模倣品に注意

Yetiの偽物はかなり多く出回っているらしいです
とくにこのRamblerシリーズはYetiの中ではお手頃なので模倣品も多いようです
ネットで確認できるこちらの模倣品の特徴は・・・

Check!! 底面のロゴの角度がずれている
Check!! 上部のシリコンにロゴマークがない
Check!! Yetiオリジナル缶が付属していない
Check!! 350ml缶を入れるとキャップが上手くしまらない

 

安い買い物ではないので心配な方は、店頭か信頼できるサイト(A&Fなど)で購入した方が良いかもしれませんね

 

 

まとめ

 

性能についてはYETIなので、間違いなしだしYETIというだけで所有欲も満たしてくれます
各社缶クーラーの保冷力を比較しているサイトがあって、そこでもダントツ1位でした💫
これで最後の一滴まで❄️キンキン❄️なビール‼
真夏でも長時間、美味しく頂けます
若干、他メーカーより重たいですが、この見た目と保温保冷力力は本当に満足してます
自信を持っておススメできる逸品です